奈良県一戸建て・不動産・注文住宅TOP > 株式会社プレステ販売のブログ記事一覧 > 建売住宅の購入前に知っておきたい維持費の基礎知識とは

建売住宅の購入前に知っておきたい維持費の基礎知識とは

建売住宅の購入前に知っておきたい維持費の基礎知識とは

建売住宅を購入するとき、多くの方は購入費用を気にされます。
しかし、建売住宅を購入するときは忘れてはいけない費用があり、それが維持費です。
今回は、建売住宅の購入前に知っておきたい維持費についてご紹介します。
建売住宅の購入を検討されている方は、ぜひご一読ください。

住まいの窓口プレステ販売への問い合わせはこちら


建売住宅の維持費の種類とは

建売住宅を維持するには、複数種類の維持費がかかり、それが税金とメンテナンス費用と保険料です。
まず税金は、建売住宅を購入したら、継続的に固定資産税と都市計画税の2つの税金を支払わなければいけません。
固定資産税は不動産に対して毎年課税される税金で、都市計画税は市街地に不動産を所有したときに課税される税金です。
両方とも1月1日時点の所有者に課税されます。
また、メンテナンス費用も忘れてはいけません。
代表的なメンテナンス費用が、シロアリ対策や外壁の再塗装、屋根のふき替えなどです。
ただし、メンテナンスは毎年実施するわけではないので、頻度に応じた資金計画が求められます。
また、保険料も必要です。
費用は求める保険内容によって変わるので、専門家にアドバイスを求めるのもいいでしょう。

▼この記事も読まれています
一戸建ての省エネ性能表示であるBELSとは?申請するメリットも解説!

建売住宅の維持費は1年で平均いくら

ここからは、1年間にかかる維持費の平均金額をご紹介します。
最初にご紹介するのが、税金で年間平均金額は10万円から20万円になります。
続いてメンテナンス費用の年間平均額は10万円から20万円です。
ただし、メンテンナンス内容や頻度によって変わるので目安として覚えておきましょう。
なお、保険料の平均額は10万円程度とされています。
こちらも、保険内容によって変わるので、あくまで目安としてください。
以上、3つの維持費を合計した30万円から60万円程度が1年間の平均維持費になります。

▼この記事も読まれています
鉄筋鉄骨コンクリートの建物構造を選ぶメリット・デメリットをご紹介

建売住宅の維持費を抑える方法とは

ここからは、維持費を抑える方法のポイントを3つ紹介します。
1つ目が、メンテナンスフリーの外壁を選ぶことです。
外壁のなかには、メンテナンスフリーの素材があります。
ただし、購入費用が膨らむ可能性が高くなるので、その点は注意してください。
初期費用がかかっても、維持費を抑えたい場合は選択肢の1つになるでしょう。
2つ目の方法がこまめなメンテナンスです。
不具合を放置すると、大規模な修繕工事が必要になることがあります。
こまめなメンテナンスによって、結果的に維持費を抑えることができるので覚えておきましょう。
3つ目の方法が保険料の無駄をなくすことです。
保険内容を見直すことで、維持費を抑えることができます。

▼この記事も読まれています
不動産の登記にかかる登録免許税とは?税率や軽減措置について解説

まとめ

建売住宅を購入するときは、維持費についても考えておかなければいけません。
なぜなら、維持費を把握できていないと、資金計画を立てることが難しくなるからです。
維持費の種類や金額をを把握したうえで無理のない資金計画を立てていきましょう。
私たち住まいの窓口プレステ販売は、奈良エリアを中心に生駒市、大和郡山市や京都府南部の不動産物件情報のご紹介と、注文住宅やリフォーム・リノベーションをしております。
新築一戸建て、中古一戸建てや土地など不動産の最新情報を多数取り扱っております。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

住まいの窓口プレステ販売への問い合わせはこちら


住まいの窓口プレステ販売の写真

住まいの窓口プレステ販売 メディア担当

私たち住まいの窓口プレステ販売は、奈良エリアを中心に生駒市、大和郡山市や京都府南部の不動産物件情報のご紹介と、注文住宅やリフォーム・リノベーションをしております。新築一戸建て、中古一戸建てや土地など不動産の最新情報を多数取り扱っております。


≪ 前へ|新築一戸建てと中古一戸建ての需要とは?メリット・デメリットをご紹介   記事一覧   不動産購入の際に必要な都市計画税とは?計算方法や軽減措置についてご紹介|次へ ≫

トップへ戻る