奈良県一戸建て・不動産・注文住宅TOP > 株式会社プレステ販売のブログ記事一覧 > 建売住宅の見学のポイントは?持ち物や注意点をご紹介

建売住宅の見学のポイントは?持ち物や注意点をご紹介

建売住宅の見学のポイントは?持ち物や注意点をご紹介

建売住宅の購入を検討されている方で、見学に行くことも多いでしょう。
建売住宅を購入する際には、見学はとても大切になります。
今回は、建売住宅の見学に行くときのポイントや持ち物、注意点を解説します。

住まいの窓口プレステ販売への問い合わせはこちら


建売住宅の見学に行くときの持ち物は?

建売住宅の見学に行くときの持ち物としては、まずはチェックシートを持っていきましょう。
チェックシートの活用方法としては、自分の理想をリスト化しておくことで他の物件と比較しやすくなります。
また、チェックシートがあることで確認忘れの防止にもつながるので、用意しておきましょう。
間取り図も用意して、持っていきましょう。
間取り図があることで、部屋の位置を見学が終わったあとも確認できるので、イメージしやすくなります。
間取り図に合わせて持ってきたいのが、メジャーです。
見学中にさまざまなものやスペースのサイズを測るのに重宝するアイテムなので持っていきましょう。

▼この記事も読まれています
リネン庫があるマンションを購入するべき?リネン庫のメリットについて解説

建売住宅の見学のポイントは?

建売住宅の見学のときには、見るべきポイントを絞って見学しましょう。
たとえば、室内のドアや窓の開閉に問題がないか実際に開け閉めをして確認します。
実際に開け閉めしてみて、問題や気になる点は同行している不動産会社のスタッフに聞いてみましょう。
水回りに関しては、まず水漏れがないことを確認します。
キッチンやトイレ、洗面台の下を確認して、水漏れの跡などないか入念に確認します。
水回りは、入居後の使用頻度も高いので問題がないか隅々まで確認しましょう。
電気設備については、照明やコンセントの位置は確認しておきます。
必要な場所に必要な個数が設置されていることを確認しましょう。
照明がダウンライトやもともと設置されている場合は、動作確認も忘れずにおこないましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入で知っておきたい不動産取得税とは?計算方法や軽減措置をご紹介!

建売住宅の見学の注意点は?

見学に行くときには、住む予定の家族全員で行きましょう。
見学した方としていない方のギャップがある場合は、住宅を選ぶのがスムーズに進みません。
小さいお子さんがいる場合も、家族全員で見学に行って新しい生活をイメージしながら見学しましょう。
建売住宅の場合のオプション設備については、どんなものがオプションになるのか確認しておきましょう。
外構や境界のフェンスなどは、オプションになることがあるので注意が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産購入の際に把握しておきたい日影規制とは?注意点についても解説

まとめ

今回は、建売住宅の見学のポイントや持ち物、注意点について解説しました。
建売住宅は土地と建物を同時に購入できるメリットもあるので、なるべく自分の理想に近い住宅を選びたいと思うのは当然です。
現建売住宅の購入を検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。
私たち住まいの窓口プレステ販売は、奈良エリアを中心に生駒市、大和郡山市や京都府南部の不動産物件情報のご紹介と、注文住宅やリフォーム・リノベーションをしております。
新築一戸建て、中古一戸建てや土地など不動産の最新情報を多数取り扱っております。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

住まいの窓口プレステ販売への問い合わせはこちら


住まいの窓口プレステ販売の写真

住まいの窓口プレステ販売 メディア担当

私たち住まいの窓口プレステ販売は、奈良エリアを中心に生駒市、大和郡山市や京都府南部の不動産物件情報のご紹介と、注文住宅やリフォーム・リノベーションをしております。新築一戸建て、中古一戸建てや土地など不動産の最新情報を多数取り扱っております。


≪ 前へ|不動産購入の際に必要な都市計画税とは?計算方法や軽減措置についてご紹介   記事一覧   土地だけ先に購入するメリット・デメリットとは?注意点もご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る